2018年3月権利銘柄の取得結果

2018年3月は3534銘柄8988個の取得でした(堀田丸正800株が漏れでした)。

今回は国内情勢では安倍内閣の森友・加計学園問題での支持率低下、海外情勢では平昌五輪後の米朝首脳会談決定、トランプ大統領の関税発言など国内・海外共に情勢がめまぐるしく変化する中、株式相場も影響を受けポジション取りが難しい相場環境でした。

みやは、権利直前の暴落で信用余力が下回り追い証が発生したことから、現金入金と信用買いの含み益銘柄を一部売却し、不足額がプラス表示であったため強制売却を回避したつもりでしたが、権利確定日の場が閉まった後に証券会社より翌日強制売却を行うとのメールがあり、意味が分からないまま口座を確認すると、評価額の高いコロワイドと金額調整で三越伊勢丹の現物が売却注文されていました。

幸い権利は確定していますので同銘柄の信用売り分を返済注文し、手数料は多少かかりますが現渡しと同じ効果を得ることにしました。別途強制売却分は手数料が2万円ほどかかり、まだまだ勉強が足りないと痛感したところです。

ほかに取得したかった銘柄は、4765モーニングスター、1780ヤマウラ、5261リソル、4679田谷、4837シダックス、3205ダイドーリミテッド、7494コナカ、8136サンリオ、9433KDDIなどです。

高逆日歩覚悟で制度信用クロスを行ったアトムとコロワイドは低逆日歩で収り、その点はラッキーでした。SBIの一般信用売りの開始日が早まるなど優待クロスの投資家が銘柄を事前に確保しやすくなるなども影響しているのかもしれません。今後は制度か一般かの先読みの心理戦も考えながら銘柄検討していこうと思います。

(クリックで拡大⇓)