旅行記(大涌谷~強羅~熱海~真鶴半島)

投資関係と離れますが、8月24日,25日に家族4人で熱海の花火大会を見に行ってきました。

車で箱根ロープウェイの早雲山駅まで行って9時頃にスタートしました。


ロープウェイから見る大涌谷は迫力があります。

大涌谷自然研究路は火山ガス警戒のため閉鎖されていて残念。名物の黒たまご黒アイスたまごソフトクリームを堪能した後は早雲山に引き返し、箱根ケーブルカーで強羅駅に移動しました。11時頃でしたが上ってくる観光客も増えてきました。

強羅の名店「田むら銀かつ亭」は並びますので、早めのお昼です。

名物の「豆腐かつ煮定食」1,330円をいただきました。
お店を出るときはお客さんが結構並んでたので早めに来て正解。

箱根強羅公園を散策後(忍者カフェ風魔に行きたかったのに忘れてました😭)は早雲山まで戻り、芦ノ湖、十国峠を観光しながらドライブ。2時半頃、伊東園グループ熱海ニューフジヤホテル」に到着。早めに付いたので残り5台の一番近い駐車場を案内して貰いました。
チェックインを待つ間、子供達は「熱海サンビーチ」を散策。大人はチェックイン後、露天風呂を楽しみました。

7階海側の客室風景です。当ホテルは1/4〜1/5程度の客室が海側に面しており花火大会をお部屋から見ることができます。7月下旬に海側確定プランでネット予約できました。

食べ放題・飲み放題のバイキングを17時から18時半の間、堪能して散歩がてら花火大会会場の露天などを見学しました。

花火大会は20時20分から30分間でお部屋から快適に見ることができました。3方向を山で囲まれている熱海湾の花火は音が反響し合って迫力があることで大変人気があります。また、夏に7回だけでなく年に16回も花火大会を実施していることから、人も分散しゆったりと楽しめるのも人気の一つだと思います。

動画も撮ってますが、音声がいろいろ入っているので掲載はご遠慮させていただきます。

翌朝は7時からの朝食バイキングの後、熱海駅前の商店街でお土産を探しました。徒歩15分ほどの距離ですが、無料送迎バスが運行しているので駅まで乗っていけば良かったと後から気付いた次第です。

当ホテルは12時チェックアウトなので、ホテルに帰って最後に温泉に入れることもポイント高いです。
料理とお部屋はそれなりですがコスパは高いと思います。

12時にホテルを出て30分ほどでかながわの景勝50選、真鶴岬に到着。三ツ石海岸を散策しました。初日の出が三ツ石の岩と岩の間に昇る絶景ポイントのようです。

また、条件が良ければ伊豆七島が見えるようですが、今回は初島のほか大島が辛うじて見える程度でした。
磯遊びやシュノーケリングをしている家族もいて、小さいお子さんも楽しめると思います。

旅の締めくくりは真鶴の名店「磯料理うに清」。こちらは、豪華な舟盛りが有名でお客さんの半分弱ぐらいの方が注文されていましたが、メニューを見ると舟盛りは3人以上の場合、磯料理(松)4,200円からとのこと。
残念ですが「梅」2,200円にしました。しかし豪華です。家族も大満足でした。

でも、後々考えると、舟盛りにしてあわびとウニ食べたかったと後悔してます。

今回はすごくスムーズな行程でしたが、夏休み期間中とはいえ、平日だったのが良かったんだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。